フォトパネルを賃貸のお部屋に飾る時の注意点とポイント

公開日:2023/04/15  


これからフォトパネルを賃貸の部屋に飾りたいけれど、どのような方法で飾れば良いのか分からないと悩んでいる人は多いでしょう。賃貸の部屋でも飾れますが、度を越した傷を付けてしまうのはよろしくありません。虫ピンや専用のフックを上手に活用する方法と、シール付きのフォトパネルを注文する方法を紹介します。

フォトパネルは賃貸物件に飾っても大丈夫?

生活を送るときに自然とできてしまう傷は仕方ありません。しかし、度を越した傷が着くと、追加費用を負担することになるでしょう。あくまで賃貸物件であることを忘れないようにしてください。

賃貸物件でも問題なく飾れる

壁に穴を開けてしまうと、原状回復工事のときに費用を負担しなければいけないのではないかと考えている人もいるでしょう。大きな穴や明らかにわざと作った穴であれば、追加費用をオーナーから請求される可能性がありますが、生活を送るときに自然にできたものであれば、そのようなことはありません。

カレンダー、写真、メモ帳などを壁に取り付けることは想定しているので、そのときに生じた傷について費用を負担する必要はありません。

ピンやフックを使用して飾ろう

あくまで生活を送るときに自然にできてしまう傷であれば問題ありませんが、それ以上の傷を付けないようにしましょう。たとえば、釘を使用してフォトパネルなどを飾らないようにしてください。釘は奥まで刺さってしまうので、傷の跡が目立ちます。

それだけではなく、中の素材も傷つけてしまうので、次の入居者のために室内を綺麗にするための工事が必要になります。オーナーから追加費用を請求される可能性が高いでしょう。このようなことを避けるためにも、ピンやフックを使用してフォトパネルを飾りましょう。

壁を傷つけずに飾る方法

できる限り壁を傷つけないようにしましょう。4つの方法を紹介します。

立てかける

こちらは最も壁に傷がつかない方法です。フォトパネルを壁に立てかけるだけなので、道具も不要です。収納スペースにフォトパネルを片付けてしまっている人は、この機会に取り出して飾ってみましょう。

ただし、壁に振動が加わると、フォトパネルが倒れてしまう恐れがあるので注意が必要です。重たいフォトパネルは高い場所に立てかけないようにしましょう。落下したときにフォトパネルが破損するだけではなく、人や物にダメージが加わる恐れもあります。

粘着剤を使用する

両面テープやマスキングテープを上手に活用しましょう。粘度が強いものであれば、壁からフォトパネルが落下する心配がありません。ただし、年度が強いものは剥がすときに注意しましょう。壁に両面テープやマスキングテープの跡が残ってしまう可能性があるからです。見た目が悪くなってしまうので、粘着剤を使用しても問題ないのか確認してから取り組みましょう。

虫ピンを使用する

跡が目立ちにくいだけではなく、フォトパネルが落下しにくいのでおすすめです。また、購入価格も安いので費用の負担も抑えられます。フォトパネルに付いている紐を虫ピンに引っかけるようにすると良いでしょう。

専用のフックを使用する

ホームセンターやインターネット通販などで、専用のフックが販売されています。虫ピンよりも費用が高額になるケースが多いですが、この機会に活用しましょう。

シール付きのフォトパネルもある

綺麗な見た目にこだわりたい人におすすめです。女性でも簡単に取り付けられるように軽量でできています。

軽量なので飾りやすい

フレームや額に入れて写真を飾るときは、重たくなってしまいます。そのため、女性の力では上手に飾れないこともあります。フォトパネルの重量はおよそ13~18gなので、女性でも簡単に飾れるようになっているので安心してください。

そして、万が一写真パネルが落下しても、人に怪我を負わせることはほぼ無いでしょう。物が破損する心配も無用です。

道具が不要

虫ピンやフックなどを準備する必要がありません。裏面のシールを剥がすだけで飾れるので簡単です。厚さは5mm程度なので、インテリアとして馴染めるようになっています。写真パネルを飾ることで、室内にメリハリができるだけではなく、柔らかい印象も生まれるでしょう。

また、断面が見えにくいように工夫しているので、写真パネルを貼ったときに綺麗に飾れるようになっています。ただし、壁の種類により飾れない場合があるので注意しましょう。このような場合は、市販のマスキングテープなどを活用して飾ると良いでしょう。事前に壁の種類や状態を確認しておくことをおすすめします。

このような人におすすめ

フォトスタジオで写真パネルを購入したいけれど、道具を購入する手間を省きたいと考えている人や、軽量で簡単にフォトパネルを飾りたいと考えている人におすすめです。

まとめ

シール付きのフォトパネルも注文できるようになっているので、興味がある人はサービスを利用しましょう。軽量で飾りやすいだけではなく、見た目の美しさにもこだわりを持っているので、室内が明るくて柔らかい印象になるでしょう。そのほかにも、壁に立てかける方法や虫ピンを使用する方法などがあります。自分の好みに合わせて選択してください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

近年、フォトパネルはそのインテリア性の高さやおしゃれさから人気を集めています。そんなフォトパネルを、100均アイテムで作成できることをご存じですか。100均の商品でフォトパネルを作れたら経済
続きを読む
フォトパネルは、インテリアや作品展示の際に便利で、現在人気が高まっています。そんなフォトパネルですが、アクリルを使用したタイプがあることをご存じでしょうか。本記事では、フォトパネルにアクリル
続きを読む
フォトパネルはインテリアや作品の展示など様々な用途で活用できます。しかし、フォトパネルを作って飾るのにハードルを感じる人も少なくありません。そこで本記事では、フォトパネルのメリットとデメリッ
続きを読む